結婚するのはいいけど何から準備すればいいか教えます。

さあ結婚!準備しよう。

<歴史をちょっと>
ウエディングドレスの起源はローマ帝国時代にまでさかのぼります。

ヨーロッパではキリスト教が広がると結婚式は教会で行うことが多くなりました。
教会での結婚式で王族、貴族の花嫁は婚礼衣装としてウエディングドレスの着用が始まりました。
初めは宗教上の関係によって儀式の服は黒のドレスに白のベールと決まりがありましたが、18世紀の後半になると花嫁の象徴として白色が主流になりました。

世界各国の諸民族、諸文化には独自の結婚衣装がありました。
そして、西洋文化が世界的に広まっていく中でウエディングドレスが普及していきました。
白い色は死装束という文化を持つ東アジアで本来白色は避けていましたが、西洋文化の普及と共に日本を始め中国、韓国、台湾等でも純白なウエディングドレスが多く見られるようになってきました。

日本で始めてウエディングドレスが着用されたのは、1973年長崎の磯部於平という女性の方が中国人との結婚の時でした。
それから2年後には森有礼の結婚式が西洋式で行われました。
その際には外国から購入したウエディングドレスが使われました。
当時の日本にはウエディングドレスは取り扱いがありませんでした。
その後も結婚式が様式で行われるのはごく一部の署名人だけでした。
一般向けに、1929年婦人雑誌に洋装の花嫁である、ウエディングドレスの記事か掲載されました。
しかし、当時の一般の人には様式の結婚式は広まらず、仏式と神前式が主でした。
第二次世界大戦の後にはアメリカの文化が着々と入ってきたので、ウエディングドレスが一般にも知られていくのですが、まだまだ挙式自体を受け入れる体制が出来ていなく、1960年になってもウエディングドレスは結婚式全体の3%程度にしかなかったのです。

それでも着々と西洋文化が広がっていき、西洋への憧れから生活様式が洋風に変化していきました。
花嫁衣裳も和装に比べてウエディングドレスの方が価格的にも着用にも利点があるということから、60年代後半~80年代にはウエディングドレスの普及が大きく、今ではウエディングドレスが主流になりました。

<美容ニュース>

結婚前のブライダルエステのトラブルが多くなっています。
せっかくの式にひどい顔になってしまっては取り返しがつきませんので、十分注意しましょう。

サジージュース  モリンガダイエット

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

結婚の準備:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.riveras2003.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。